フランスのペンション


ドイツパンと菓子の店 ビオランド を始めて10年になります。

 

27歳の時に主人と結婚してすぐに始めて、、、

 

最初はナチュラル ジャーマン スイーツ という名前でした。東京 西荻窪でスタートして、長野 小谷村へ引っ越してからは ビオ ベッカライ コミンカという名前で、築200年くらいの古民家を修復して、農家民宿と週末パン屋さんをしていました。 

 

福島の原発事故の5日後に、親戚からの要望で急遽ドイツへ、、、そして、そのまま1年間ドイツで過ごすことになりました。

 

放射能の心配があったけれど、大好きな人々の側で、好きなことを仕事にして、夢と希望を持って親が生きているほうが、

子供の為に良いと判断して日本へ帰国。

 

2年間小谷村に住み、事情があって、同じ長野県内の山形村へ移住しました。

 

私達夫婦の結婚当初の夢は、山の中のペンション、そこで自然の恵みたっぷりのご飯を食べて頂き、楽しんでもらえる場所をつくるというものでした。

 

ひょんなご縁から、パンとお菓子の販売が仕事になり、どうにか生計をたてれるようになってしまったせいか、

また、子供たちが小さくて、今は宿は難しいと感じたこともあって、パン屋さんになっていますが 笑

 

ドイツ滞在中に行った、フランスのペンションが本当に素敵で、、、

もともとの夢がまた、むくむくと私たち夫婦の胸に湧き上がってきました。

 

日本の古民家を修復するのが流行っていますが、フランスでも古~い石造りの建物を修復したペンションがあります。

 

私達が行った宿は、目の前の広~い草原に羊が放牧されている、それはそれは夢のような場所でした。

夜はオーナーさんと一緒に夕飯を語らいながら頂き、朝食は外のテラスで、、、

 

ペンションの周りには観光地なんてものはなく、森があるだけ🌳

 

ただ、ヨーロッパの森というのは、日本と違い、ほとんどの場所が歩けるような散策路があるという事。

 

スナックとお水をリュックに入れて、ただ歩く、、、それだけがアクティビティ。

 

でも、それがとっても心地よくて、、、。だって、森には色々な発見や楽しいことが沢山あるから!

 

 

今は、遠くにいるお客様の為にパンとお菓子をつくり、発送するという日々。

パンとお菓子が、お客様のお口に入る瞬間をイメージして、つくっています。

それをさせて頂けていることは、とても幸せなことなのですが、、、

 

いつかは、宿をつくり、そこに来てくれたお客様の為にパンを焼き、1番美味しい時に、1番美味しく食べて頂く!

という日を夢見ています。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ツカ (金曜日, 20 1月 2017 20:02)

    自然の中で、しかも朝食は焼きたて極上のパンが食べれる〜♪
    考えただけでも今すぐ泊まりたい宿!
    ぜひ実現したら家族皆で泊まらせて〜(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

  • #2

    ビオランド さやか (日曜日, 22 1月 2017)

    ツカ~ありがとうー! うん、実現したら本当に来てもらいたいっ☺ 必ず連絡するからね♡

お店のご案内


ビオランドは、小さな子供が3人いる家族経営の為、ライフスタイルに合わせて店頭販売をしておりません。

お客様には、通販、もしくわ卸販売先でご購入して頂けると幸いです。ただ、ご希望の商品が決まっていて、直接お受け取りされたい場合は、日時をご相談後に工房にいらして頂く事は可能です。

 工房所在地

〒390-1301

長野県東筑摩郡山形村903番地

 

 担当者連絡先

090-3548-4874(シュラークさやか)